訪問による支援

イメージ画像

重度被災労働者に対する支援

一般財団法人労災サポートセンターでは、労働災害による障害等によって、養育、就労、介護など生活全般にわたり、大きな不安を抱えながら日々の生活を送られている重度被災労働者の方やそのご家族を支援し、諸問題を解決するお手伝いをするため、厚生労働省から委託を受け、労災ケアサポート事業を行っています。

労災ケアサポート事業

労災ケアサポート事業は、各都道府県に専門のスタッフを配置して、重度被災労働者の方及びそのご家族に対して在宅介護・看護、健康管理、メンタルのケアに関する訪問支援を実施するなど、重度被災労働者の生命・生活維持に必要な援護を行うことを目的とする事業です。
このため全国7か所に労災年金支援センターを設置し、各都道府県に1 名以上の看護師の資格を有する労災ケアサポーター、健康管理指導医を配置しています。また、各労災年金支援センターに 1 名のメンタルケア指導医を配置しています。
訪問による支援の主な内容は次のとおりです。

1. 訪問支援

労災ケアサポーターが、ご自宅で生活されている重度被災労働者のお宅を訪問し、重度被災労働者及びそのご家族に対して在宅介護・看護、健康管理等に関する支援を行います。
特に、寝たきりなどの状態にある重度被災労働者やその方を介護されているご家族に対しては、日常生活や身の回りのお世話などの介護方法、介護機器の選定と使用方法、住宅の改造などについての相談等を行っています。
また、高齢、一人暮らしの重度被災労働者に対しては、介護保険、障害者総合支援法の障害福祉サービス、地域の自治体による重度障害者への施策の状況、当財団が厚生労働省から委託を受けて運営している労災特別介護援護事業などの介護サービスに係る相談にも応じています。
平成27年度は、約14,200人のお宅を訪問し、在宅介護・看護、健康管理等の支援を行いました。

2. 専門医による指導

労災ケアサポーターによる訪問支援のほか、健康管理指導医やメンタルケア指導医による医学専門的な指導も行っていますので、労災ケアサポーターにご相談ください。
なお、労災ケアサポート事業を利用された方々の個人情報については、情報の漏洩防止など、その取扱いに万全を期しています。

3. アンケート調査に対する協力のお願い

厚生労働省では、労災ケアサポーターが訪問支援にお伺いした際に、訪問支援のサービス内容に対する評価や意見・要望等に関するアンケート調査を実施しています。ご協力のほどお願いします。

4. その他

労災ケアサポーターが訪問支援にお伺いした際には、
労災ホームヘルプサービスの利用や
労災特別介護施設(ケアプラザ)への入居又は
ショートステイ等についての希望もお聞きしておりますので、気軽にご相談ください。

ページの先頭へ