• HOME
  • センターのご案内(基本理念)

センターのご案内(基本理念)

イメージ画像

基本理念

(一財)労災サポートセンターは、産業の発展に貢献する中で被災し、労災年金を受給することとなった方々が安心していきいきとした生活を営めるようにするため、相談、在宅介護、施設介護等を中心とした総合的な支援を行い、労働者の福祉の増進に寄与します。

基本方針

  1. 労災年金受給者等(傷病、傷害及び遺族年金受給者並びにその家族)が日常生活の中で直面する諸問題について、地域社会や関係機関とも連携しながらその解決を支援し、労災年金受給者等の生活の質の向上に努めます。
  2. 重度の傷病・障害を被った労災年金受給者には専門スタッフの居宅訪問による支援を行うとともに、在宅介護が困難な場合には労災特別介護施設(ケアプラザ)において介護支援を行います。
  3. 介護支援の実施に当たっては、介護を必要とする方々が主体的日常生活や社会参加ができるようになることを目指します。
  4. 労災年金受給者等の生活の実態を把握し、必要に応じ、関係機関への情報の提供及び提言を行います。
  5. 労災年金受給者等の支援に当たっては、職員一人ひとりが、人権尊重とノーマライゼーション(等しく生きる社会の実現)の理念に基づき、専門的で公正公平なサービスを提供するとともに自己研鑽に努めます。

ページの先頭へ