東北労災年金支援センター

訪問時のエピソード(足こぎ車いすのおかげです)

宮城県の加美町に住む小山さん(55歳・頸髄損傷)を紹介します。小山さんは日本でも数少ない足こぎ車いすの愛用者です。足こぎ車いすは、自転車のようにペダルがついた車いすで、東北大学の先生方が世界で始めて開発した介護福祉機器です。

写真

小山さんは「はじめは、なかなかこげませんでしたが、トレーニングを続けて、自力で8回までこげるようになりました。使って良かったことは、下肢の筋肉がついたこと、足の腫れがとれて紫色から普通の皮膚の色になったこと、足の指の感覚が出てきたことなどですが、何より明るい希望の気持ちになったことです。」と話していました。
その一つの成果として平成29年に障害者が車椅子で走るマラソンに出場して、松島町役場から1.6キロのコ-スを走ったことです。これは、東京都主催の大会で「未来への道・みちのくからつながろう:1000キロ縦断リレー」と銘打ったもので、車椅子バスケットでパラリンピックに出場した選手や友人たちが同行して、感動のひと時のようでした。
また、小山さんは、ケアプラザ富谷を利用して入浴・食事・入居者との会話の機会を作って、生活にメリハリをつけているようです。

(報告:宮城担当労災ケアサポーター)

写真 写真

訪問時のエピソード(年頭の抱負)

東松島市に住む久保田さんを紹介します。久保田さんは、8年前に受傷し頭部外傷・上肢欠損・視力障害が残りましたが、現在はディサービスに週2回通ってリハビリを続けています。
視力が弱く視野も半分ですが、話題のハズキルーペをかけて新聞を読んだりしています。
何よりも毎年続けているのが書道です。平成30年の書初めでは不自由な右手で「花」を書き、賞状をいただきました。訪問の時に会話を交わすことが大きな喜びになっているそうです。「今年もいろいろと挑戦してみたい」、と話していました。

(報告:宮城担当労災ケアサポーター)

写真 写真

訪問時のエピソード(励ましの言葉)

ここ青森駅前の積雪は40センチを超え、今もノソノソと降り続いています。
掲載している写真は、訪問先のむつ市に出向く途中の情景で、これでも積雪量は例年の半分程です。電車・バスを乗り継いで片道4時間の行程ですが、吹雪いているとき、交通機関は運休かベタ遅れになります。野辺地から「大湊線・はまなすライン」に乗り継いで、車窓左に白々と広がる陸奥湾を舞台に、大きめの雪がとんでいくのを眺めていきます。
雪道を歩いての訪問になり、靴下も濡れそぼってしまいますので、靴下を履き替えての訪問です。そのため、何足かの靴下を常備していきます。
玄関先で「こんな雪の中、ありがとさん」とご家族の方に歓迎され、続いてご本人様のにこにことした笑顔の出迎えが、大きな励みになっています。かえって、こちらが支援して頂いているようで本当に暖かくなります。
つがる海峡冬景色の中の訪問支援は、お互いに支援しあうものだと感じいっており、雪がとけたらまたお伺いしようと思っています。

(報告:青森担当労災ケアサポーター)

イメージ画像

訪問時のエピソード(禁煙への取り組み)

障害者施設に通所し、印刷の仕事をされている頭部外傷の方です。
お宅を訪問した際に、「タバコを吸ったつもりで貯金すると、一年間で約二十万円たまりますよ」と話したところ、真剣に取り組んでくれて禁煙に成功されたそうです。
「禁煙したつもりでお金を貯めて、同居している方とディズニーランドに一週間行ってきた。二人のヘルパーさんに付き添ってもらったので、当初の不安は吹っ飛び思いきり楽しむことができた。禁煙することもでき、貯蓄後旅行できたことで喜びは倍になった。訪問して貰い、禁煙のきっかけを作ってもらえて嬉しかった。また旅をしたいと思う。」と話してくださいました。

ページの先頭へ