• HOME
  • 重要なお知らせ
  • 「石綿による疾病の労災認定基準の改正について」(H18.2.9厚生労働省発表)

「石綿による疾病の労災認定基準の改正について」
(H18.2.9厚生労働省発表)

平成18年02月09日

石綿による疾病の認定基準については、平成15年9月19日付け基発第0919001号で示されていたところですが、このほど「石綿による健康被害に係る医学的判断に関する検討会」の検討結果を踏まえ、認定基準の改正が平成18年2月9日付けで行われました。
主な改正内容は次のとおりです。

  1. 中皮腫については、これまで石綿肺の所見が得られない者に発症したものは、胸膜プラーク、石綿小体又は石綿繊維が認められるとの医学的所見が認定の要件とされていましたが、中皮腫の確定診断等がなされていることの確認ができていれば医学的所見を求めないこととされました。
  2. 肺がんについては、これまで石綿肺の所見が得られない者に発症したものは、胸膜プラーク、石綿小体又は石綿繊維が認められるとの医学的所見が得られ、かつ、石綿ばく露作業への従事期間が10年以上あるものが業務上と認定されていましたが、石綿小体又は、石綿繊維量が一定量以上認められたものは、石綿ばく露作業への従事期間が10年に満たなくても認定することとされました。
  3. びまん性胸膜肥厚については、これまで全ての事案が本省協議とされていましたが、一定のものについて業務上と認定するための基準が示されました。
報道発表資料(厚生労働省HP)
「石綿による健康被害に係る
医学的判断に関する考え方」
報告書(平成18年2月7日)(厚生労働省HP)

1~8ページ(368KB)

9~19ページ(509KB)

20~30ページ(452KB)

ページの先頭へ