過労死等の労災補償状況
(H17.6.17厚生労働省の発表)

平成17年06月17日

平成16年度の脳・心臓疾患(いわゆる「過労死等」)及び精神障害等(いわゆる「過労自殺等」)に係る労災補償状況がまとまる。
厚生労働省では、平成16年度の「脳・心臓疾患(いわゆる「過労死等」)の労災補償状況等」及び「精神障害等(いわゆる「過労自殺等」)の労災補償状況」をまとめ、平成17年6月17日に発表した。
それによると、

1. 脳・心臓疾患の労災補償状況の概要

  1. 請求件数は816件であり、前年度に比べ74件の増加(10.0%増)。
  2. 認定件数は294件であり、前年度に比べ20件の減少(6.4%滅)。
  3. 業種別では製造業の請求、認定件数が増加。
  4. 職種別では専門技術職の請求、認定件数が増加。
  5. 年齢別では40~49歳、60歳以上で請求件数が増加。

であった。

2. 精神障害等の労災補償状況の概要

  1. 請求件数は524件であり、前年度に比べ77件の増加(17.2%増)。
  2. 認定件数は130件であり、前年度に比べ22件の増加(20,4%増)。
  3. 業種別では建設業、卸売・小売業、医療福祉業の認定件数が増加。
  4. 職種別では専門技術職の認定件数が増加。
  5. 年齢別では30~49歳の請求、認定件数が増加。

であった。
詳細は下記をご覧ください。

ページの先頭へ