関東労災年金支援センター

訪問支援の実例  その2

~労災ケアサポーターの訪問支援がきっかけで、長年苦しんだ便秘が改善しました。~

労災ケアサポーターが重度被災労働者宅を訪問したところ、便秘が酷いとの相談を受けたので、主治医に薬の種類や量などを相談し、投薬を受けるよう支援した。次回訪問時には、便秘が改善し顔色も良くなり、大変感謝されました。

訪問支援の実例  その1

~労災ケアサポーターの訪問支援がきっかけで、障害者自立支援法による市区町村の訪問介護支援が開始され、在宅生活が円滑に営まれるようになりました。~

労災ケアサポーターが重度被災労働者宅を訪問したところ、受給者は、両膝下欠損にて、室内を、いざり歩行のため膝の皮膚に褥瘡様の炎症がありました。近所に、娘家族が在住するが独居のため、食事、入浴等の介助が十分出来ていない状態で、風呂で溺れそうになったこともありました。
他人に依存したり助けられることに遠慮もあり、ヘルパーの導入を迷っていたため、必要性を説明したところ導入を納得されました。
労災ケアサポーターのアドバイスにより、受給者が、市区町村の生活援護課に訪問調査を依頼し、訪問調査が行われることとなりました。
労災ケアサポーターは、受給者に、訪問調査の担当者に清掃、洗濯、買物、調理、通院介助、入浴介助を依頼するようメモを残しました。
次回訪問時には、障害者自立支援法による市区町村の訪問介護支援が開始されており、在宅生活が円滑に営まれていて、膝の傷も治ゆしており、大変感謝されました。

ページの先頭へ