中国・四国労災年金支援センター

訪問時のエピソード

輝く水彩画 高知県四万十の里で

今年の冬も寒かった。覚悟して四万十町を訪問した日は気温5度で、「冷蔵庫の中より寒いね。」と挨拶される方もいました。
その地で静かに、暖かく、力強く、着実に今を生きている。そのように感じた、障害1級で脊髄損傷の西村洋一さん(64歳)をご紹介します。
初めてお会いしたのは5年前、電動車いすに乗って絵を描いているという方でした。その手元を見ると特殊な上肢装具に絵筆を固定し、1筆1筆描いていく。「絵を描くいうてもこれだけ準備がね。でも描ける環境にある事を感謝します。」と静かに話してくれました。西村さんが水彩画を描こうと思ったきっかけは、被災後に見た、筆を口にくわえて絵を描いている方の映像を見た時に衝撃を受けたからだそうです。
「自分にも出来る事があるのでは無いかと考えるようになった。」、「自分で考え自分から行動を起こしていくことで周りの方が協力してくれる。絵が描ける環境にあることに感謝です。」また「こんな自分が誰かのために役にたてばいいと思っています。」と先日の訪問時に話されていました。
ちょうど西村さんの水彩画が展示されているという四万十町の「ギャラリー喫茶556」へ伺いました。オーナーの山本哲資さんは西村さんの水彩画の師匠だそうです。
山本氏によると、別の障害をもつ男性が西村さんが絵を描く姿を見て、その姿に非常に感銘を受け、この男性も絵を描き始めたそうです。終日ベットで過ごしているこの男性が最近メキメキと腕を上げびっくりしているとのことでした。
皆さんの、自分の出来ることに打ち込める環境が継続する事を願っています。

水彩画

静涼の渓谷

水彩画

水路沿いの小道

水彩画

山間の駅

リオパラリンピック出場者へのインタビュー

「次の東京パラリンピックにつなげて」

~今年の夏に開催されたリオパラリンピックに鳥取県在住の野田昭和さん(障害年金受給者)が出場されましたので、担当サポーターが取材しました。~
「次の東京パラリンピックにつなげて」「野田選手「よくやった。」と称えます」というのが私の感想です。野田さんはリオパラリンピック陸上男子400メートルと1500メートルの車いすレースに出場されました。鳥取県障害者スポーツ協会や全国の労災年金支援センターの仲間も応援しました。
自己記録を大幅に更新し入賞かと思われましたが、暑さ対策や独自の規則について詳細に理解していなかったことで、1種目失格となり、本当に悔しい思いをされました。しかし健闘を労う思いでいっぱいです。
そこで、今後に向けて健康管理指導医との同行訪問を計画し野田さんにお会いしてきました。そして、けい髄損傷でスポーツをすることの難しさを学びました。
親指だけで車いすをこぐ、前傾姿勢で体重を大腿部に乗せて走る、体温調節がうまくいかないので大会前は体温が40度までアップするなどそれだけでもハンディがあります。
車いすレースを始られたきっかけは吉備リハビリセンターで大会に出る練習をされている方を見られてからです。それから自宅に帰られ2年半が経過後、自分一人で練習を始められ、大分県のロードレースに参加し、そこで同じ鳥取県在住の那須さんと知り合い、それ以後二人でほとんど毎日布勢競技場のトラックを走ったり、筋力トレーニングをしたり仲良く練習を積んでおられます。

イメージ画像

野田さん(写真左)と那須さん(写真右)

この競技へのきっかけは、憧れ、希望、いつの日か日の丸を背負いたい、期待されたいとの思いからだったようです。同じ悩みを持っておられる方やこれから挑戦する人のためにも何かが伝わるのではないでしょうか。障害者も健常者も共に皆が元気をもらっています。今後の活躍を心から応援しています。

労災年金受給者との交流時のエピソード(広島さをり会手織展にて)

風が冷たい1月中旬に、広島市に在住の障害年金受給者の小林台八さんが所属されている広島さをり会手織展のギャラリーを所長が訪問しました。
小林さんは介護タクシーを利用されてギャラリーに居られ話をお聞きしました。平成18年に被災され、頚髄損傷で車いすの生活をされていますが、別府重度障害者センターの職業訓練の中で「さをり織り」に出会われて以来約8年余りにわたって続けられておられ、「趣味と実益をかねています。」と笑いながら話されました。会場内には会員さんの作品が並び、小林さんの作品も数点展示・販売されていました。
小林さんは、いろんな団体に所属され仲間とともに「さをり織り」を普及されています。両足が不自由なため、手動開口用の織機を使用しながら、「マフラーなら8時間程度で編むよ。」「1日中やったこともあったが、すごく疲れた。」「近所の方も理解していただいているので、機械の音も気にせずにできる。」など明るく、大きな声で楽しそうに話され、いきいきと生活されている様子が窺え元気をいただきました。これからも元気で「世界に1つしかないオリジナル作品」が続けられるようにと願って会場を後にしました。

イメージ画像

ページの先頭へ